This page:TOPページ > 一般的な身長を伸ばす方法論について> 20歳を過ぎてから身長が伸びにくいのはなぜ?

PR
ヨガの第一人者「上嶋修弘氏」の集大成『上嶋式3ステッププログラム』 ★20歳を過ぎても背は伸びる!

41年間の実績!20歳の過ぎた大人でも90日間で最低1cm以上身長伸ばす方法『上嶋式3ステッププログラム』。今だけ無料講座開講中!

子供の成長に!「カルシウムグミ」 ★子供の成長に!「カルシウムグミ」

モンドセレクション最高金賞受賞の成長促進剤。 子供の発育に必要な栄養成分を厳選。 お菓子感覚で美味しく、続けられる食感です。 3セットから1箱プレゼント中!
 ⇒ 楽天市場で身長UPグッズを検索する

20歳を過ぎてから身長が伸びにくいのはなぜ?

では次です。

 ■ 20歳までの食生活
 ■ 20歳までの成長ホルモン分泌の関係
 ■ 遺伝

これらは20歳までに形成されるものですから、今更どうしようもできません。
食べ物の栄養も、20歳までの影響ですから過去形になります。

しかし、ある程度は改善すると20歳からでも効果があります。(若干です)
人間の仕組みは、どこどこでストップ、終わりなどという基準はないからです。

そして「遺伝」は、ご存知のとおり遺伝ですね。ここもどうしようもありません。
しかしながら一昔の話では、「全部遺伝で決定するよ」などという
医学的に根拠のないことが当たり前とされていました。


身長の高低に対して、遺伝の影響による比率は思ったより高くはありません。


遺伝ですべてが決定されるのであれば、


なぜ、バスケットやバレーをやっている方達は身長が高いんでしょうか?
なぜ、身長の低い親から身長の高い子供が生まれるんでしょうか?
なぜ、旧世代の身長と現代の身長に5cm以上の差がでるのでしょうか?


もちろん、20歳未満の時にバレーなどされているのに身長が伸びない!
という方もいらっしゃるでしょう。
ここに遺伝の複雑さがあるのです。

結論から言えば、バレーをしていても伸びる人は伸びるし、伸びない人は伸びません。
これまでの上記に書かれてきた要因が複雑に絡み合って、
結果が生まれているだけにすぎないのです。

遺伝のことを書くとキリがありませんので省略します。
なぜなら、やはり遺伝は遺伝でどうしようもないからです。
しかしながら、「多くの要因の中の一つだ」ということを認識していただくぐらいで宜しいかと思います。

 そしてこれまで書かれていることは、大事なことで基本となりますが、
イレギュラー(不確定)な要素が大きいので、結果がでる場合もでない場合もあるということになります。

では、他にどういった身長を伸ばす方法があるのでしょうか?




Sponsored Link

 

身長関連や、0脚、骨盤のゆがみ、他医療関連での相互リンクを募集しています。
応募の際は、こちらよりご連絡ください。