This page:TOPページ > 身長について考えてみよう> 身長が伸びることの差は、どう決定されているの?

PR
ヨガの第一人者「上嶋修弘氏」の集大成『上嶋式3ステッププログラム』 ★20歳を過ぎても背は伸びる!

41年間の実績!20歳の過ぎた大人でも90日間で最低1cm以上身長伸ばす方法『上嶋式3ステッププログラム』。今だけ無料講座開講中!

子供の成長に!「カルシウムグミ」 ★子供の成長に!「カルシウムグミ」

モンドセレクション最高金賞受賞の成長促進剤。 子供の発育に必要な栄養成分を厳選。 お菓子感覚で美味しく、続けられる食感です。 3セットから1箱プレゼント中!
 ⇒ 楽天市場で身長UPグッズを検索する

身長が伸びることの差は、どう決定されているの?

ではなぜ、低身長高身長という差が出てくるのでしょうか?

低身長の原因と考えられることは、

 ■ 20歳までの食生活
 ■ 20歳までの成長ホルモン分泌の関係(骨・睡眠)
 ■ 20歳までの生活環境や運動の頻度
 ■ 20歳までの当人の意識のあり方
 ■ 遺伝

など他にもありますが、様々な要因が重なって、
低身長で背が伸びるのか、高身長で背が伸びるのかが左右されていきます。
大体のことは、聞いたことのあるものばかりですね。

もちろん、これらのことは非常に大事なことであり基本です。

そして20歳までにある程度の身長が伸びることが決定されることは、
誰もが認めるところでもあり、科学的にも実証されていることでしょう。


しかしながら、ここで大事なことは、

20歳まである程度というところ、
関節の構造については触れられていないというところです。



まず、20歳以上から身長を伸ばしやすい要因、身長を伸ばしにくいのは何故か?
ここから考えてみましょう。




Sponsored Link

 

身長関連や、0脚、骨盤のゆがみ、他医療関連での相互リンクを募集しています。
応募の際は、こちらよりご連絡ください。