This page:TOPページ > 身長について考えてみよう> 旧世代から現代までの身長の平均値について

PR
ヨガの第一人者「上嶋修弘氏」の集大成『上嶋式3ステッププログラム』 ★20歳を過ぎても背は伸びる!

41年間の実績!20歳の過ぎた大人でも90日間で最低1cm以上身長伸ばす方法『上嶋式3ステッププログラム』。今だけ無料講座開講中!

子供の成長に!「カルシウムグミ」 ★子供の成長に!「カルシウムグミ」

モンドセレクション最高金賞受賞の成長促進剤。 子供の発育に必要な栄養成分を厳選。 お菓子感覚で美味しく、続けられる食感です。 3セットから1箱プレゼント中!
 ⇒ 楽天市場で身長UPグッズを検索する

旧世代から現代までの身長の平均値について

日本人の身長の平均値

1945年の20歳の平均身長

  ■ 男性の身長:約165cm
  ■ 女性の身長:約153cm

2000年の20歳の平均身長

  ■ 男性の身長:約171cm
  ■ 女性の身長:約158cm


現代の子供たちは発育が非常に良いですね。
約50年で5cm以上の違いがあるのがお分かりになると思います。

ここは一般的な回答になりますが、
大雑把に言えば、人間の発達の形成の基本となる食事の質、
つまり栄養が非常に関係していることと思われます。 これは間違いないことでしょう。




Sponsored Link

 

身長関連や、0脚、骨盤のゆがみ、他医療関連での相互リンクを募集しています。
応募の際は、こちらよりご連絡ください。